OTSUKA DENTAL CLINIC 大塚歯科医院

  • 047-366-2679tel
  • ACCESS

〒271-0092 千葉県松戸市松戸 1019

こだわり~正確な治療のための精密なCT診断~

正確な治療のための精密なCT診断

医療は正しい診断から始まります

当院では、より精密な治療をするために歯科用3次元CTを導入しています。
歯科用CTは、通常のレントゲン写真と違い3次元での解析ができるるため、より正確で精密な診断が可能になります。
また、院内に歯科用CTがあることにより、撮影-解析-診断がスムーズになり、より円滑な治療を行うことができます。

歯科用CTは、インプラント治療、歯周病、歯の根の治療、親知らずの抜歯、矯正歯科などすべての歯科治療において有効であります。

『医療は正しい診断から始まります。』

CT診断によるメリット

インプラント治療において、正確な診断と安全で確実な治療のために、歯を支えている周りの骨の状態を知ることは大切なことです。
CT画像は、顎の骨の立体的な形態や、神経の位置の把握、骨量の診査などに利用されます。

治療の事前診断だけではなく、治療終了後にも撮影を行い状態を確認します。

CT画像によりインプラント治療は格段に安心・安全な治療になります。

CT

CT診断の具体例

歯科用CTでのレントゲン診断では、従来のレントゲン診断に比べて、下記のような診断がより正確にできます。

インプラントの事前診断

歯科用部分CTでのレントゲン診断では、インプラント治療時に、インプラントを入れる顎の骨の状態を事前に立体的に把握できます。
これにより、インプラント治療の可否やインプラント埋入位置が事前に正確に決定できます。

歯周病の顎の骨の状態の診断

歯科用CTでのレントゲン診断では、歯周病の歯の根の周りの顎の骨の状態を立体的に把握できます。
これにより、顎の骨の状態や骨が吸収した範囲の診断もより正確に行え、事前の治療計画にも役立ちます。

根の先の病巣の状態の診断

歯科用部分CTでのレントゲン診断では、根の先にできた病巣の大きさ立体的に把握できます。
これにより、根の治療が可能かどうかの判断もより正確に行えます。

歯の根のひび割れなどの範囲と状態の診断

歯科用CTでのレントゲン診断では、今までの平面的なレントゲン診断ではわからなかった、目では見えない歯の根のひび割れの範囲や大きさの正確な診断が可能です。
これにより、歯の保存が可能かどうかの正確な判断も事前に行えます。

親知らずの抜歯の事前診断

歯科用CTでのレントゲン診断では、親知らずを抜く場合も親知らずの根と神経との位置関係がわかり危険な抜歯を回避することが可能となります。

CONTACT お 問 合 せ

お気軽にご相談・
お問合せください。