OTSUKA DENTAL CLINIC 大塚歯科医院

  • 047-366-2679tel
  • ACCESS

〒271-0092 千葉県松戸市松戸 1019

こだわり~「納得」と「安心」の目に見える治療説明~

『納得』と『安心』の目に見える治療説明

治療説明につきまして

治療前と比較して治療後に少しでもお口の中の状態がよくなると、治療の必要性がわかり歯を大切にしようという意識が生まれてきます。
当院の治療の特徴は「目で見て理解を深める、見える歯科治療」です。
治療前・後の口腔内写真を撮り、両方を比較して違いを見ていただきます。
特に詰め物やかぶせ物の治療は、前後を比較することで治療効果をはっきり理解していただくことができます。

口腔内カメラによる撮影

口腔内カメラは、お口の中を撮影する専用のカメラです。
必要に応じてその場ですぐに撮影を行うことが可能です。
各ユニットにはモニターが設置されており、モニターに映してお見せします。
治療前・後の写真を並べることで違いがわかり、治療の効果を一目でしっかりと確かめていただくことができます。

口腔内カメラを使った「見える治療」のメリット

口腔内カメラを使うことで治療前・後を比較することができるだけでなく、患者さまに口腔内の状態を明瞭に確認していただくことで、よりわかりやすくご自身の口腔内の状態を把握できます。
その結果としてより効果的な診断と治療法のご説明が可能となります。

その日の治療内容がその場で確認できる

例えば詰め物の交換や、詰め物の下のむし歯の治療などでは、詰め物を取り外した状態を撮影する事で、治療前・後だけでなく、通常見ることのできないような途中経過も見ていただくことが可能です。
詰め物の下でむし歯が広がっていたことが一目で確認することができます。

見えない部分の治療もわかる

奥歯や歯の裏側などは手鏡に映しても見えずらく、確認してもらうことが困難な場所です。特に小さなむし歯は、本当に歯が悪くなっているのかわからないことがよくあります。
口腔内カメラを使うことで手鏡では見えにくい部分が確認でき、治療の必要性を理解することができます。

口腔内の診断にも役立つ

口腔内カメラは、むし歯や歯周病等の診断にも威力を発揮します。
実際に撮影した画像をお見せしながら治療法を提案させていただきますので、口腔内の状態を把握していただくことができます。
それをもとにご自身で治療法を選択していただけます。

口腔内撮影

口腔内撮影

ユニットでのモニター説明① レントゲン画像 

レントゲン画像

ユニットでのモニター説明② 口腔内カメラの画像 

口腔内カメラの画像

マイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)による精密治療

当院ではマイクロスコープによる精密診療も行っております。
マイクロスコープとは歯を3~20倍に拡大して見ることの出来る大きな顕微鏡のような診療器機です。
これにより今まで肉眼では見ることの出来なかった根の中の様子や小さなむし歯や歯石、歯のヒビや詰め物との境目のむし歯などを確認することが出来ます。
診断力向上とより精密な治療が可能となります。
当院ではLeica社製のマイクロスコープを使用しています。

マイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)による精密治療

通常診療も拡大鏡を使っております

拡大鏡使用シーン

CONTACT お 問 合 せ

お気軽にご相談・
お問合せください。