OTSUKA DENTAL CLINIC 大塚歯科医院

  • 047-366-2679tel
  • ACCESS

〒271-0092 千葉県松戸市松戸 1019

こども歯科

小児歯科

小児歯科の重要性

お子様の健やかな成長のためには、毎日の食事から正しい栄養を摂取することが必要です。
しかし、むし歯になってしまうと食べ物をうまく咬むことができなくなり、食事が満足にできず、栄養バランスが偏ってしまう可能性があるのです。
また、正しい咬み合わせで食事ができないと顔の左右のバランスがくずれてしまうこともあります。
あまり知られていないかもしれませんが乳歯は歯質が弱く永久歯よりむし歯になりやすいです。
むし歯の進行も早いので早期発見、早期治療が大切です。
将来お子様の身体に悪影響を与えないためにも、お口のトラブルに気がついたら早めに相談しましょう。

★まずは上の前歯が生えてきたら検診にいらしてください
最初が肝心です。

松戸市では1歳半と3歳に歯科健診があります。
これまでは1歳半検診で初めて歯科医院へいらしてくれたお子さんが多かったのですが、残念ながら3歳ごろにはむし歯になってしまうお子さんがいます。
そこで上の前歯が生えたときから検診・ブラッシング指導・おやつ指導などをさせていただき、お子さんの歯を守っていくようにします。

★まずはご家族の意識改善を

お子さんの歯の健康を守るためには、歯磨きをしたり定期検診にお越しいただいたりするのはもちろん、生活習慣からきちんと見直す必要があります。
そのためには、ご家族の方の意識を変えていただく必要があります。
特に多いのは、「乳歯はいずれ永久歯に生え変わるから、虫歯になっても問題ない」という誤解です。
乳歯が虫歯になると、後から生えてくる永久歯が弱くなる、歯並びが悪くなるなど、様々なリスクが高まります。
また、小さい時に虫歯になってしまうような習慣や意識を持っている子供は、大人になってからもそれが変わらず、何度も虫歯を繰り返してしまうことになります。
小さい頃にお子さんに正しい歯の予防習慣を身につけてもらう。
そのためには、まずご家族の方が正しい知識を身につけ、意識を変えていただくことが重要なのです。

虫歯を作らないための方法

1.虫歯になりにくいおやつを食べる

虫歯菌は食べかすのなかの糖分を栄養源にして、歯を溶かす酸を出します。そのため、糖分を多く含むおやつは虫歯になりやすいのです。
あめ、チョコレート、キャラメル、グミなどは糖分が多いので、歯の健康をふまえるとあまりおすすめできません。
おせんべいや、さつまいもなど、糖分が少なくよく噛んで食べるおやつがおすすめです。

2.ダラダラ食べさせない

おやつの時間を決めずに、長時間にわたっておやつを食べさせていませんか?
ずっとだらだらと食べていると口腔内が酸性に傾き、虫歯になりやすい状態になります。
だらだらと食べないように、おやつは時間を決めて与えるようにしましょう。

3.食べたあとはブラッシング

食後はできるだけ早いタイミングでブラッシングする習慣をつけましょう。
食後30分以内がお勧めです。
ブラッシングできない場合は、口ゆすぎだけでも効果があります。

当院で行う歯の予防~歯の健康についてのご説明~

歯の健康維持に欠かせないお手入れの方法や、食事や生活習慣の見直しで必要なこと、現在の歯がどのような状態になってるのかなどを、ご家族の方に丁寧にご説明させていただきます。
まずはきちんと知り、お子さんの歯に対する意識を高めていきましょう。

お子さんの歯をむし歯から守るために当院が行っていること
  • 子供の虫歯の進行はとても早いです。その進行を常にチェックしていきます。
    (エックス線での確認をするため、小さいうちに虫歯を発見でき、最小限の治療ですみます)
  • 定期的にフッ素を塗ることで歯の質を強くしていきます。
    (特にはえたての歯は歯の質が弱いのです)
  • 歯の生え変わりが正しく出来ているかチェックが出来ます。
    (矯正の時期を逃すこともありません)
  • 歯医者で痛い思いをしませんから、一生歯医者にメンテナンスで通うことが出来るため、そのお子さんは一生自分の歯でかめる可能性がかなり高いと思います。

歯石除去、歯のお掃除

磨き残しによる汚れや、歯ブラシでは取れない汚れを、きれいに除去していきます。
予防処置は、治療と違って痛みはありませんのでご安心ください。

フッ素塗布

歯の質を強化するための成分です。
市販品も使って毎日ご自宅でも塗布するようにしましょう。
特に、歯磨き後に塗るだけのホームジェルタイプのフッ素がお勧めです。
さらに、4ヶ月に一度、定期検診でご来院される際には、濃度が高いフッ素を歯に塗ります。

フッ素の使用例
  • 歯科医院で定期的にフッ素を塗る。
  • 家でフッ素のジェルなどを使う。
  • 家でフッ素入りの歯磨き粉を使う。
  • フッ素入りの水で毎日うがいをする。

などがありますが、毎日のしっかりとしたブラッシングとフッ素の使用で虫歯のない子達がたくさんになることを願っています。

シーラント

奥歯の溝が深いところをあらかじめ埋めておくことで、虫歯を予防します。
シーラントはご自宅で行っていただくことはできません。
奥歯の虫歯予防をきちんとしておきたい方は、当院へご相談ください。

当院の歯磨き指導と、歯磨きに対するアドバイス

毎回染め出し液を使い、どこがきちんと磨けていて、どこが磨けていないのかを、お子さん本人とご家族の方に見ていただくようにしています。
まずはご自宅でのお手入れがどの程度行き届いているのかを知るところから始めましょう。

★特に磨き残しが多いポイント

歯と歯の間、歯を噛み合わせる面、歯と歯茎の境目……これらは、特に磨き残しが多く、それゆえに虫歯の発生率も高いところです。
歯ブラシだけでなくフロス(もしくは糸ようじや歯間ブラシ)も使うことで、磨き残しがないようにしましょう。

★子供の時の「歯みがき」は、とても嫌がる物です

でも、歯みがきを嫌がってしまっていてはむし歯は待ってくれません。
保護者の方と一緒に歯みがきを習慣づけて、健康な歯並び・美しい歯並びを心がけていきましょう!
そこで、今回歯を磨くときのポイントをいくつかご紹介致します。

1.家族みんなで楽しく歯みがき、健康な歯を保ちましょう。

保護者の方が、毎日2~4回、お子様と正確な歯みがきを一緒にすること 歯磨き粉を使って歯を磨くと、お子様の口の中は泡だらけになって、実際に磨けているのかどうかも分からなくなります。
歯を磨くときは、歯みがき粉は使わないようにしましょう。

2.歯ブラシには、フッ素入り歯磨き粉をつけて磨くことをおすすめします。

歯をみがくと血が出る場合もあります。
これは歯ぐきがはれて炎症を起こしている証拠です。
歯みがきの仕方が悪いと歯ぐきも赤くはれてしまいます。毎日2~4回、「正確に歯みがき」をすることによって歯ぐきは引き締まり、出血しなくなります。

歯の予防をしておくメリット

歯は、一度でも削ると弱くなってしまいます。
また、治療後に使用する詰め物などには寿命があり、いずれは外れて次はさらに歯を削って、さらに大きな穴を作ってしまうことになります。
こういったことにならないよう、最初にできるだけ歯の治療が必要ない状態を維持することが重要です。
また、歯に対する直接的な予防処置だけでなく、虫歯や歯並びを悪くする原因を知ることで、普段の生活を見直し、より健康な歯を維持しやすくなります。

CONTACT お 問 合 せ

お気軽にご相談・
お問合せください。